修理費用を自動車保険で

修理費用を自動車保険で

修理費用を自動車保険で

愛車を修理に出すときには修理部分や破損部分によって色々ですが、かなりの費用を必要とします。
そんな時の自動車保険ですが、保険を使うと保険料が上がったり現在の等級が下げられたりすることです。
このため小規模の修理であるなら自動車保険を使用するのはやめたほうがいいかもしれません。

そうなると、どのくらいの破損をした場合に、自動車保険を使うべきなのでしょうか。
まずは、自分の自動車保険のいまの等級をチェックすることが大切といえます。
一般的に自動車保険を使うと等級は落ちてしまうものですが、等級がダウンした際の保険料の値上がり率を把握することも大切です。
保険料の値上がりが数%くらいであれば自動車保険を使用しても構いませんが、事故前の時点で等級が低ければ60%も保険料が上がってしまうこともあります。
ですので車の修理する前に、自動車保険を利用して直しても大丈夫なのかチェックしましょう。

今後の保険料金を考慮すると、保険を適用させずに自分のお金で修理をお願いしたほうが得になるというケースがあるのです。
自動車保険を利用する・しないに関しては、あらかじめ確かめてから修理を依頼するようにしましょう。
保険料はこれから先も支払いを継続するものなので、一度保険料が上がってしまうと後々苦労することになってしまいます。

等級が下がらずそのままの状態で修理が可能なケースもありますので、前もって確かめておくことがポイントです。
加入している自動車保険の契約内容について理解しておくことも必要となります。

ホーム RSS購読 サイトマップ