賠償金額

賠償金額

賠償金額

このところ、中古車のほうがよいという人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
中古車を損傷した際には、何処までの状態で修理をすればよいのか頭を悩ませるところです。
車の状態や修理する方法によって、いっそのこと新車を購入したほうがお金を出さなくていい場合もあるからです。

つまり中古車を修理に出す場合は、まずどの程度のコストがかかるのかを確かめましょう。
中古車を購入する際には車に保証が付いているかを確認すべきで、保障期間内に故障をしても修理費が無料になります。
中古車のケースでは、買ったときの価格よりも修理にかかったコストの方がかかってしまうことも珍しくありません。

ですので中古車の修理が必要な場合には、修理費の金額を確認した後直してもらうかどうか決めましょう。
中古車で自動車事故に合った場合には、修理のお金が全額支払われることはなく支払が時価金額となる可能性もあります。
要するに追突事故による修理代金が30万円かかった場合でも、その車が20万円の時価であれば20万円までしか払ってもらえないのです。

法律上では中古車の市場価格である時価が、自動車事故での賠償金額と決まっているのです。
中古車の修理を完璧にやろうとすると、逆に損をする結果になる場合もあるわけです。
車は消耗品と割り切って、修理をすると損になるのならばせっかくだからと新しい車を買うという選択肢も選択肢に加えるべきでしょう。
中古車を修理しようと思ったら、これらのポイントを考慮して修理に踏み切りましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ